読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しれっと再開

今日の命題 奇数次元実ベクトル空間上の交代双線型形式(交代形式)は常に退化か?

 

日記再開といった直後に更新しなくなるというなかなかあれなことをしてしまいました。ほんとすみません。とりあえず引っ越しとかスピーチの練習とか卒業式とかで日記を書くための余裕が取れなかったです。今日からは時間を決めて習慣化させたいですね(希望)。まあ無理でしょうが。

 

これからもこれが院生になるやつの文章かよ…てなるほど下手な理解だったりしますが

そこはご容赦を...(次はいる院の院生のブログとか見ていますがその水準には全く達していないので)

今日は日本数学会の総会へ初めて行きました。毎年春と秋の二回行われていて

数日間にわたって各エリアで

毎回ことなる大学で行われており、今回は首都大学東京で今日が三日目。

 日本数学会・2017年度年会

午前の部はどれも難しい内容が多かったですが

市民講演の方は僕でもわかるような内容で面白かったです。

これだけ規模が大きいと有名な先生も幅広くおられます。

高木レクチャーのときも多くおられましたが、いろんな先生方を

見かけました。特に今日最後に聞いた講演していた先生は恐ろしく

発表がうまかったです。分かりやすく濃い発表内容に加えて

発表する姿もかっこいいと思ったのは数学者では初めてかもしれません。

あれの十分の一でも見習わなければ。

まあ河東先生やのセミナーの心得を守れていない間は無理なのかもしれませんが

How to prepare for seminars

河東先生は解析系(主に作用素環)の方ですがこちらは幾何系の先生のpdf

http://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~furuta/advice.pdf

(具体的な知識を除き)自分自身が現在守れているのは半分以下だと思う

耳学問はこのpdfを初めて見てから意識しているが、なかなか身についていない。

まあでもこの二年間は叩き込めるだけ知識を叩き込むというスタンスをとると決めているからこれらの心得をそろそろ実行できるようにがんばらないとも思った次第。